2018年3月12日(月)

合格発表の前日。

ムムに会う。私が「受かって当然、教授たちに見る目がなくて落ちるのが怖い」というような態度を取ったら少し哀れむような顔をした。

私は、私を愛すると主張するひとには私のミョーな自信過剰をも愛してほしい。それができないのにどうしてムムは私に執着するのか。私が男性から向けられたことのある愛は考えてみればどれも愛ではなくただの執着だった。手放したくない、手放すのは惜しい、影響下に置いておきたい、(この女なら自分を受け容れ理解し慰めてくれるから)。